フランスのヴァカンスガイド

陶芸の街

観光、ヴァカンス、週末のガイドのオー・ド・セーヌ県

陶芸の街 - 観光、ヴァカンス、週末のガイドのオー・ド・セーヌ県
5.4
15

サン・クルーの端、4ヘクタールの広大なエリアの中心にあるシテ・ド・ラ・セラミックは、1942年以来、歴史的建造物として分類された25の建物を占めています。 18世紀から優れたノウハウを広めてきた国立陶磁器博物館と、1812年に開館した国立陶磁器博物館は、世界中のあらゆる時代の陶器、陶器、石器、磁器を一般に公開しています。リモージュのアドリアン・デュブシェ国立美術館は、2012 年 5 月にこれら 2 つの権威ある施設に追加され、シテ・ドゥ・ラ・セラミック - セーヴルとリモージュを形成しました。

La Cité は、古い陶芸品を再発行したり、祖先の技術を尊重して、革新的で大胆な新しい作品を作成したりします。約 120 人の職人が約 30 の職業に従事し、代々受け継がれてきた仕草と技術を永続させるために働いています。 27 のワークショップから、国やアート ギャラリーの偉大な団体のために、毎年約 3,000 点の作品が制作されます。作品のバリエーションは複数あります: 装飾美術品や食器、彫刻、現代美術品..科学的、技術的、歴史的なレベル。彼らの研究室では、化学者はペースト、釉薬、色の新しいバリエーションを開発しています。

優れた職人技の土地への旅。今日の芸術作品に仕草の記憶をもたらします...

周辺観光のアイデア

あなたのヴァカンス
ホテル
バケーションレンタル
民宿
キャンプ場
レジャー活動
レンタカー
飛行機のチケット
アカウント