フランスのヴァカンスガイド

ルセレヴィーニュ

観光、ヴァカンス、週末のガイドのドローム県

ルセレヴィーニュ - 観光、ヴァカンス、週末のガイドのドローム県
8.6
7

有名なブドウ畑に囲まれたRousset-les-Vignesは、DrômeProvençaleの美しい小さな村です。以前は要塞化されていましたが、平和な広場の周りに集まった中世の建物を保存しています。典型的な車線の曲がりくねった道でアクセス可能なこれらの建物は、驚くべき建造物の一部です。ロマネスクを起源とする12世紀の要塞教会の中には、丸い塔と3つの入り江がある尖塔の壁があります。それから、ルネサンス様式のファサードで飾られた10世紀のCluniac修道院。最後に、14世紀と15世紀にまで遡る封建の城。

時間をかけて村を散策することで、ルセ・レ・ヴィニェで治る静かな雰囲気を味わうことができます。古い洗面所やアーチ型の通路など、彼の過去のあちこちの痕跡を観察してください。

あなたが村の頂上にある小さな展望台にあなたの訪問をプッシュするならば、あなたはモンヴァントゥーを背景にして、ブドウ畑と糸杉の風景を見渡す眺めを後悔しないでしょう!

補足情報
ルセレヴィーニュ

Rousset-les-Vignes は、ニヨンの北西 10 km、オーヴェルニュ ローヌ アルプ地域圏のドローム県にあるコミューンです。

面積 15 km² の領土は、海抜 280 ~ 1305 m、西はローヌ渓谷とヴァレアス平野の間、東は男爵山脈とプレアルプ山脈の頂上、南はモン ヴァントゥにあります。

この地域は森林 (表面積の 54%) と農作物 (36%) で覆われた緑豊かな環境を保っています。そこではラベンダーと果物が生産され、ブドウ畑 (コート デュ ローヌのアペラシオン ワインを生産) やオリーブ畑もあります。

プロヴァンスの端にあるこの村は、1000 年以降に修道院が設立されて発展しました。ランス山を背にし、封建的な城が要塞を支配するルセットは、繁栄した領主の中心地です。かつてアヴィニョンに教皇が設立されたとき(14 世紀)、コンタット ヴェネサンに統合されましたが、この要塞は 16 世紀に侯爵領として設立されました。

この豊かな過去から、この町は狭い通り、中世起源の建物や住居といった典型的な特徴を保っていますが、ヴァントゥを賞賛するブドウの木が植えられた丘の中腹も残っています。

300人近い住民がいる Rousset-les-Vignes があなたを待っています!

見るもの、すること

村の歴史的中心部には豊かな遺産が保存されています。古い住居(多くはルネサンス時代のもの)が点在する狭い通り、屋根付きの通路、あちこちに彫刻が施された細部を通ってアクセスできます。古い城壁は、その一部が今も残っていますが、ドーファン通り (RD 538 のセクション) に取って代わられました。

特に注目すべき建物は、11 世紀に設立された古いクリュニアック修道院です。革命中に(ブドウ栽培を導入した)修道士たちによって放棄されました。現在、この物件は非公開となっています。ルネッサンス様式のファサード (16 世紀) はイタリアのインスピレーションを表しており、方立の窓がその特徴をすべて与えています。 「西」側には木製の門があり、中庭に面しています。天蓋はカララ大理石の柱で支えられています。

小さな村には2つの城もあります。最後の領主の名前にちなんで名付けられた、いわゆるマルセル家が教会を支配しています。教会は最初はカストルムでしたが、2 千年紀の初めに統合されました。要塞化された村の西側には、アルリックス城が領主の本拠地として引き継がれました。現在の外観は 15 世紀から 16 世紀に遡ります (したがって、ルネッサンス様式の建具や装飾が施されています) が、特定の要素は 12 世紀から 13 世紀にまで遡り、全体に異質な外観を与えています。この城には軍事的使命が今でも残っていますが、住居としての機能も同様に強力です。さらに、それは周囲のルネサンス様式の住居と共鳴します... 2 つの城は私有地であり、外から観察することができます。

次はサン・メイユール教会です。元修道院の礼拝堂で、その基礎はロマネスク様式です。 16 世紀から徐々に教区教会に変わり、1509 年、1589 年、1735 年の 3 回拡張されました。時間の経過とともに、これは近くの修道院の領域を侵食することを意味しました。鐘楼も 18 世紀に建てられました。 「東」側には、丸い塔が古い城壁にもたれかかっています。建物内には木製の聖母像、絵画、古い墓石が保存されており、さまざまな建設時期にもかかわらず、統一性のある特徴を示しています。

村の外、ほぼ1キロ東、標高600メートルのシャルボネルの丘にあるのは、ノートルダム・ド・ボーヴォワール礼拝堂です。当初は修道女たちが住んでいた庵でした。 、その後14世紀に礼拝堂が設立されました。建物は 1666 年に拡張されましたが、革命中に略奪され、19 世紀に修復されました。絵画、祭壇、彫像はこの時代のものです。鐘楼と巡礼者専用の避難所が 1876 年に追加されました。礼拝堂自体の魅力的な特徴に加えて、この場所は本物の展望台であり、素晴らしい景色を楽しむことができます。

この必須の散歩とは別に、景観資産に欠けていない地域(ブドウ畑、オリーブ畑、糸杉の間など)やその頂上で他のハイキング(徒歩またはマウンテンバイク)を行うことができます。森林地帯からより肥沃な平原へ。

ただし、ルセットで生産されるワインを知るために(適度に)テイスティング休憩を取ることも忘れません。協同組合が近隣の村サン・パンタレオン・レ・ヴィーニュにある場合、ブーヴォードのエステートもその地域にあります(連絡先:+33 4 75 27 90 32)。

より大きなループを利用すると、ニヨン、ヴァレアス、男爵家やプレアルプの緑の峰など、周囲の他の観光地に行くことができます。

ウォーキングやマウンテンバイクをご利用の場合は、インターコミューン観光局 (+33 4 75 46 56 75) の地図と情報をご覧ください。

イベントとフェスティバル

月の第二日曜日に、ガレージセール。

7月の最後の週末、楽しいアニメーションと奉納パーティー、ペタンク競争、ダンスパーティー。

12月の第2週、クリスマスマーケット。

周辺の観光、レジャー、アクティビティ

レストラン

民宿

バケーションレンタル

キャンプ場

ホテル

あなたのヴァカンス
ホテル
バケーションレンタル
民宿
キャンプ場
レジャー活動
レンタカー
飛行機のチケット
このサイトの閲覧を継続することにより、適切なオファーを提供するためのCookieの使用に承諾したことになります。
詳細と設定
アカウント