フランスのヴァカンスガイド

マティス美術館

観光、ヴァカンス、週末のガイドのノール県

マティス美術館 - 観光、ヴァカンス、週末のガイドのノール県
8.5
5

1952年に作家自身が作成した、マティス美術館はフェヌロンルCateau、有名な画家、素描、版画家や彫刻家アンリ・マティスの発祥の地のかつての宮殿で1982年から設置されています。

完全に仕事の数年後、2002年に改装し、リニューアルオープンし、博物館は170点の以上の作品を通して、示してその多くは美しいフランスの公園に柔らかな光と開口部を浴び17の展示室を、持っていますマティス、20世紀の主要なアーティストの1つの例外的な旅。コレクションでオーギュスト・エルバンとマルク・シャガール、フェルナン・レジェ、ジャコメッティ、パブロ・ピカソやミロの作品でマティスの絵画を追加されます。

ガイドツアー、講演会、子供と大人のためのワークショップが、また、一時的な展示会には、マティス美術館の生活を区切ります。

営業時間月曜日: 10:00 – 18:00   •   火曜日: Fermé   •   水曜日: 10:00 – 18:00   •   木曜日: 10:00 – 18:00   •   金曜日: 10:00 – 18:00   •   土曜日: 10:00 – 18:00   •   日曜日: 10:00 – 18:00
住所Place du Commandant Edouard Richez, Le Cateau-Cambrésis
電話+33 3 59 73 38 00
公式サイトmuseematisse.fr

補足情報
マティス美術館

火曜日を除く毎日10時から18時まで営業しています。 11月1日、12月25日、9月22日(22日が23日の場合は23日)に閉会します。

ホームスクール9時から。

入場料:入場券には、個人向けのオーディオガイド、常設コレクションへのアクセス、臨時展示会が含まれています。

定価:5ユーロ半分の価格:€3:15人のグループ、60歳以上の学生、アドバンテージカード、求職者、博物館友達CezamマップとSrias。

無料:18歳未満の子供、シャペロンのグループ、CMU、COTOREPカードの受益者、Catésiens。

月の第1日曜日/遺産の日/博物館の春には無料です。

一時的な展覧会「Matisse」では、入場料は€5から€7になります。

マティス美術館(©Alain Battermann)
マティス美術館(©Alain Battermann)
写真を見る
マティス美術館への入り口(©Alain Battermann)
マティス美術館への入り口(©Alain Battermann)
写真を見る

周辺観光のアイデア

あなたのヴァカンス
ホテル
バケーションレンタル
民宿
キャンプ場
レジャー活動
レンタカー
このサイトの閲覧を継続することにより、適切なオファーを提供するためのCookieの使用に承諾したことになります。
詳細と設定