フランスのヴァカンスガイド

パリ市立近代美術館

観光、ヴァカンス、週末のガイドのパリ

パリ市立近代美術館 - 観光、ヴァカンス、週末のガイドのパリ
7.1
6

16区にあるパレ・ド・トーキョーの東翼の中に設けられた、パリ市立近代美術館は、1961年に開館した後、改修工事期間を経て、2006年にリニューアルオープンしました。フランス国立ギメ東洋美術館とメトロのアルマ・マルソー駅の間に位置する、この控えめであると同時に印象的な建物の中に、近現代美術作品の素晴らしいコレクションが収められています。ここでは、絵画から彫刻、芸術的パフォーマンス、写真からビデオまで、芸術があらゆる形で展示されています。10 000点以上の作品を通じて、この近代美術館はフォービズム、キュービズム、ヌーヴォーレアリスムなどの潮流と、20世紀の最も偉大な芸術家たちを紹介します。ピカソ、マティス、モディリアニ、レジェ、ブラック、ザッキン…、近代芸術の流れの中から生まれた最高傑作を鑑賞できます。特に、ラウール・デュフィが描いた彩色された見事なフレスコ画、有名な『電気の精』をお見逃しなく。

特別展も定期的に開催され、入場者は芸術ワークショップに登録参加することもできます。

周辺観光のアイデア

あなたのヴァカンス
ホテル
バケーションレンタル
民宿
キャンプ場
レジャー活動
レンタカー
飛行機のチケット
アカウント