フランスのヴァカンスガイド

シャラール

観光、ヴァカンス、週末のガイドのオート・ヴィエンヌ県

シャラール - 観光、ヴァカンス、週末のガイドのオート・ヴィエンヌ県
8.3
6

魅力的な中世の村Le Chalardには、11世紀のロマネスク様式の素晴らしい教会があります。百年戦争の間に強化されたこの建物には、美しい彫刻された首都と、この教会の創設者であるサン・ジェフロイの墓があります。

教会の麓には、中世の墓地、修道士の墓地、12世紀の40の墓があります。

補足情報
シャラール

一度に "ルートリチャードクールドライオン"、リムーザンペリゴールを見逃すことはできませんが、中世の村チャラードは訪れる価値があります。情熱的に修復された古い家々が並ぶ狭い通りを見てください。

11世紀に建てられ、100年の戦争の間に強化されたその驚くべきロマネスク様式の教会とその驚くべき修道士の墓地を発見してください。

その展示スペース、「金の家」は、ガリア時代から21世紀にかけてのこの鉱物の利用の証人です。

見るもの、すること

その驚くべきロマネスク様式の教会とその珍しい墓地を発見してください。サンジョフロワは11世紀の終わりにこのロマネスク様式の教会を15世紀にイギリス人によって強化されたカロリンギアン教会の跡地に建てました。中には、15世紀のビュッフェと神社の聖遺物庫で保護された聖者の墓があります。

教会のベッドサイドには、12世紀と15世紀の40人の墓がある「修道士」と呼ばれる墓地があります。その中には、職業や故人の活動に関連した彫刻の象徴を表すものもあります。宗教的、織物、鍛冶屋...石を捨てるだけで、ノートルダム寺院とそのチャプターハウス(夏季にオープンする私有地)。この村では見逃せません。英語(12世紀)とBaille(15世紀)の住宅は...

小さな建造物:十字架、いい泉…金の家での展覧会。近く:「ラ・トゥール」の美しい中世の橋。

展覧会のスペースを見逃さないでください。「金の家」は21世紀までのガリアの時代からこの鉱物の開発を証明しています。

7月と8月の毎週火曜日に、ハイキングコース、村のガイド付きツアー、教会、墓地を見学します。

ゴールドパンニングコース:春から秋にかけて、プロによる監督の下、半日またはインターンシップ。ペイドサンユリツーリストオフィスでの情報と予約。

観光スポット

モニュメント
情報センター

イベントとフェスティバル

7月から8月にかけてのゴールドデイズ、プログラム:ゴールドパンニングコース、Gaulishaurièresの地質学的発見、Maison de l'Orのガイド付きツアー。

6月のChal'Art:インタラクティブ工芸品デー。

写真

タワーの中世橋
タワーの中世橋
写真を見る
ロマネスク様式の教会と修道士の墓地
ロマネスク様式の教会と修道士の墓地
写真を見る
ハウスオブゴールド
ハウスオブゴールド
写真を見る
ゴールドパン
ゴールドパン
写真を見る
チャラード教会
チャラード教会
写真を見る

周辺の観光、レジャー、アクティビティ

Saint-Yrieixとその中世の街(より美しい迂回路)、Ladignac-le-Long(自然のリラクゼーション)、Jumilhac-le-Grand(Gallery of gold)。

レストラン

民宿

バケーションレンタル

キャンプ場

ホテル

あなたのヴァカンス
ホテル
バケーションレンタル
民宿
キャンプ場
レジャー活動
レンタカー
このサイトの閲覧を継続することにより、適切なオファーを提供するためのCookieの使用に承諾したことになります。
詳細と設定