フランスのヴァカンスガイド

ザ シャトー ドゥ ラティリー

観光、ヴァカンス、週末のガイドのヨンヌ県

ザ シャトー ドゥ ラティリー - 観光、ヴァカンス、週末のガイドのヨンヌ県
9.6
1

トリュニー・ペレーズ=サント・コロンブのプイサイの保存された土地にあるラティリー城は、平和で緑豊かな環境の中心部にある壮大な中世建築を発表します。11世紀の要塞の基礎に建てられたこの素晴らしい建物は、その壮大な塔に立ち、その壁の素晴らしい黄土石を表示します。城を囲む乾燥した堀、美しいルネッサンスの暖炉付きのガードルーム、または回転する木製のはしごを備えた壮大な鳩道もその場所の魅力に貢献しています。

その歴史は中世の起源以来、特に豊かです。宗教戦争の間、それはユグノーを収容し、18世紀には狩猟ヤンセニストを歓迎しました。今日では、ラティリーの友人協会は、フランスの現代美術の最初の中心地の一つとなったインターンシップや文化活動で、陶器工房を立ち上げたジャンヌとノルベルト・ピエロによって1951年に始まった作品を永続しています。訪問に開かれたプイサイの伝統的な砂岩陶器の彼の職人のワークショップは有名です。交換と表現の場であるラティリー・リビング・アート・センターでは、毎年現代美術、ワークショップ、オリジナルのコンサートやショーの展覧会を開催しています。

補足情報
ザ シャトー ドゥ ラティリー

砂岩のPuisaye、コンサート、展覧会は明らかに城の扉を通過する絶好の機会になるでしょう、そしてあなたは60年以上にわたってPierlot家族の痕跡を持っているこの場所のすべての魅力を発見するでしょう。

ラティリー城
ラティリー城
写真を見る
ラティリー城
ラティリー城
写真を見る

周辺観光のアイデア

あなたのヴァカンス
ホテル
バケーションレンタル
民宿
キャンプ場
レジャー活動
レンタカー
このサイトの閲覧を継続することにより、適切なオファーを提供するためのCookieの使用に承諾したことになります。
詳細と設定