フランスのヴァカンスガイド

コンコルド広場

観光、ヴァカンス、週末のガイドのパリ

コンコルド広場 - 観光、ヴァカンス、週末のガイドのパリ
7.6
11

8区に位置するコンコルド広場は、8ヘクタールもの敷地を持つ、パリで最も広い広場です。かつては革命広場と呼ばれていましたが、現在の名称は恐怖政治の暗い出来事の後、総裁政府時代に、国家的和解の印として選ばれました。実際、フランス革命中、この場所でルイ16世と王妃マリー・アントワネットをはじめとする1119名がギロチンで処刑されています。

世界で最も有名な大通りのひとつ、シャンゼリゼの起点となる、パリの中心部に位置するこの広大な広場は、メトロのコンコルド駅からアクセスできます。8角形を成すこの広場は、中央にルクソール神殿のヒエログリフが刻まれた赤御影石のオベリスクが立っているのが最大の特徴です。建築家ジャック・イニャス・イトルフによって1836年から1846年にかけて整備されたコンコルド広場は、海の泉と川の泉を表わす2つの見事な噴水と、歴史的記念物に指定されている、オテル・ド・クリヨンの威厳のあるファサードでも有名です。

年末のクリスマス前後の時期には、コンコルド広場の大観覧車に乗る機会もお見逃しなく。この観覧車からは、シャンゼリゼ大通りチュイルリー庭園、ルーヴル宮の他、クリスマスのイルミネーションも、完全に見渡せる素晴らしい眺めが楽しめます。

周辺観光のアイデア

あなたのヴァカンス
ホテル
バケーションレンタル
民宿
キャンプ場
レジャー活動
レンタカー
飛行機のチケット
アカウント