フランスのヴァカンスガイド

クロード・モネの家と庭園

観光、ヴァカンス、週末のガイドのウール県

クロード・モネの家と庭園 - 観光、ヴァカンス、週末のガイドのウール県
8.2
50

美しいジヴェルニーの村にある、この画家が1883年から1926年まで家族と共に暮らした、クロード・モネの家は、今日「優れた庭園」に指定されているその壮麗な庭と共に、この著名な印象派の画家にとって重要なインスピレーションの源となったことで知られています。当時と同じように再現された、このクロ・ノルマンと「水の庭」で、クロード・モネは、現在パリのオランジュリー美術館に展示されている、有名な『睡蓮』など、いくつかの大作を制作しました。

エプト川の小さな支流を引き込んだ、モネ自身が手掛けた「水の庭」は、藤の花に彩られた小さな緑の橋や、数え切れないほどの睡蓮が咲く池、池のほとりに植えられたしだれ柳、竹、牡丹、百合などで、日本の庭をイメージした素晴らしい空間を作り出しています。ロマンチックな魅力のある、異国趣味の宝石箱…

緑のよろい戸のついたピンク色の家の前に、クロ・ノルマンと呼ばれる花の庭が、春から秋にかけて、見事な色彩のパレットを作り出します。壁沿いや花壇の数え切れないほどのバラの木が、花好きな人にとっては天国のような世界を作り出しています。

4月から11月まで見学できる、モネの家では、クロード・モネが蒐集した素晴らしい浮世絵のコレクションの他に、小さな青の間、サロン兼アトリエ、黄色の食堂とファイアンス焼きの食器、青いタイル張りの台所と銅製調理器具や、2階のプライベートな住空間など、画家が暮らした当時の家具や調度品を再現した、さまざまな部屋を通じて、この印象派の巨匠の住居の雰囲気に触れることができます。

印象派の歴史と、20世紀美術への影響についてより深く知るために、モネの庭のすぐ傍にある印象派美術館にも是非立ち寄ってください!

営業時間月曜日: 09:30 – 18:00   •   火曜日: 09:30 – 18:00   •   水曜日: 09:30 – 18:00   •   木曜日: 09:30 – 18:00   •   金曜日: 09:30 – 18:00   •   土曜日: 09:30 – 18:00   •   日曜日: 09:30 – 18:00
住所84 Rue Claude Monet, Giverny
公式サイトfondation-monet.com

補足情報
クロード・モネの家と庭園