フランスのヴァカンスガイド

カルナヴァレ美術館

観光、ヴァカンス、週末のガイドのパリ

カルナヴァレ美術館 - 観光、ヴァカンス、週末のガイドのパリ
8.0
4

パリで最も古い美術館である、カルナヴァレ美術館は、その起源から今日までの、パリの歴史を見ることのできる、非常に美しい展示場です。3区のマレ地区の中心に位置するこの美術館には、特に考古学的遺物、フランス革命の記憶、建造模型、絵画、彫刻、その他の工芸品などの比類ないコレクションが所蔵されています。1880年に開館したこの美術館は、今日、回廊で結ばれた、カルナヴァレ館とル・ペレティエ・ド・サン=ファルジョー館の、2つの個人邸宅の中に設けられています。

非常に興味深いコレクションですが、その入れ物自体も関心をそそります。実際、作品群は、15世紀から19世紀のパリの住居の雰囲気を再現した部屋に展示されています。パリとその歴史に関する特別展も定期的に開催されています。

今日、パリにはカルナヴァレ美術館には、この街の別の側面を知ることのできる、2つの別館があります。無数の人骨が収められたパリのカタコンブと、古代から19世紀までの遺跡を見学できる、ノートル・ダム広場のクリプトです。

周辺観光のアイデア

あなたのヴァカンス
ホテル
バケーションレンタル
民宿
キャンプ場
レジャー活動
レンタカー
飛行機のチケット
アカウント