フランスのヴァカンスガイド

Moret-sur-Loingの大麦の砂糖

美食、ヴァカンス、週末のガイドのセーヌ・エ・マルヌ県

Moret-sur-Loingの大麦の砂糖 - 美食、ヴァカンス、週末のガイドのセーヌ・エ・マルヌ県
9.0
2

モレ・シュル・ロワンの町の名物は、キャンディーは、フランスで知られている最古のお菓子の一つです。 300年以上にわたり評価されているこの菓子は、ベルリン色の琥珀色または半透明の棒で利用できます。

当社は、1638年からの薬物療法のために準備をしていた都市の修道女に、サトウキビ砂糖菓子の大麦を製造しなければなりません。彼らはすぐにルイXIVの宮廷で猛威をしたが、生産は姉妹の出発、次の1792年に停止しました。オオムギの砂糖作りはモレの慈善の姉妹によって第二帝国時代に復活した。これらは常に、今日の都市、ジャン・ルソーの菓子職人を秘密に、レシピを与える前に1970年までにそれらを作製しました。

モレ・シュル・ロワンの中世都市は、あなたが無料またはガイド付きツアー、これらのおいしいお菓子の歴史を通じて、発見することができます10月、3月から大麦糖のオープンミュージアムを開催しています。

あなたのヴァカンス
ホテル
バケーションレンタル
民宿
キャンプ場
レジャー活動
レンタカー
このサイトの閲覧を継続することにより、適切なオファーを提供するためのCookieの使用に承諾したことになります。
詳細と設定