フランスのヴァカンスガイド

Bois de la Barreの自然地帯

ハイキング & トレッキングのLa Ferté-sous-Jouarre

Bois de la Barreの自然地帯 - ハイキング & トレッキングのLa Ferté-sous-Jouarre
7.7
11

33ヘクタールの広さを誇るBois de la Barre自然地区は、かつて石臼の搾取に使用されていた樹木が茂った丘の中腹です。石臼道に沿った教育サーキットは、その歴史的および生態学的側面の両方で、歩行者がその場所を発見することを可能にします。

詳細シート

セーヌ・エ・マルヌ県
出発地のコミューンLa Ferté-sous-Jouarre
散策の種類ハイキング
難易度簡単
所要時間1:30
お勧めの季節1月~12月
環境田舎
距離4 km

アクセス

Place del'Hôtelde Villeから、rue Michel Fauvetを進んでください。停留所で、DuburcqClément通りの反対側に進みます。鉄道に沿って駐車場へ。

旅程

出発:南の入り口 - ドゥブレククレエ通り。 「Trails Meuliers」の看板の前に着くために階段を上ってください。 「航空会社」の説明パネルへ左折してください。あなたの後ろに、モノリシックホイールと「英語」が露出している場所。右手に巨大な石積みの石臼、 "ladécouverte"の標識を進みます。 「コロラド州」への道を進みます。右に曲がって木製の階段を降りてから道のループを上り、テーマについての説明が出るまで右に曲がってください:「水と泥」。 「Meuliers Trail」の標識が見えるまで、未舗装の道路を進みます。駐車場に戻ります。

情報:犬はひもにつないでください - あなたのゴミを運びます - キャンプと火は禁止されています。

進化していく壊れやすい自然環境:ラバレの木の植樹は、石臼のための搾取の時に人間によって変えられた環境を自然に植民地化したスタンドによって特徴付けられます。したがって、このタイプの進化に特徴的な一般的な樹種、例えば、黒いイナゴや偽アカシアなどは、むしろ木の北側にあり、いくつかのあまり一般的でない種としては、クラスターを持つエルダーベリーなどがあります。この地域の他の地域では、林分の茂ったオークとペダキュレートオークだけでなく、灰、チェリー、シナノキ、カエデ、シデ、ヘーゼル、さらにはブナとシラカバもあります。道路網の近くで、高い光度はサンザシ、ブラックソーン、ヨーロッパの木炭のような低木種を支持します...下草は合計165の植物種です。それは春の植物の美しい広がりを提供します:ヒヤシンス、フィシア、偽のキンポウゲ、ウッドアネモネ...石灰岩の丘の中腹とオープンエリアは男性のランが含まれています。

動物相の中では、シカ、イノシシ、マルテなどの哺乳類を観察することができます。アナグマは間違いなく最も目立たないだけでなく、フランスの保護種である斑点サンショウウオです。アナグマは領土の一族に住んでいます、彼の詳細は猛禽類の追求に適応していない、むしろ夜行性です、彼は地球の虫、昆虫、植物さらには小型哺乳類を食べます。目立つヒールと5本の指による刻印は幅広く、長い爪で終わっています。流れはキツネの流れよりも広く、巣穴の周りに広がる本物の道のように見えます。これは何世代にもわたって使われています、しばしば拡張されます。 20から25まで数えて、溝の中のその入り口またはあごは、地球と小石の数m3の発掘の量によって認識可能です。

木の生態学的な多様性は湿地の特徴的な植物相でもあります:ラッシュ、セッジ、ナメクジ。部門が率いる開発プロジェクトは、イモリや斑点のあるサンショウウオを収容できる小さな池の列を修復する機会でした。斑点を付けられたサンショウウオは10から20センチメートルの長さです、それは大きな毒腺を持っています、その皮膚は光沢のある黒と黄色で発見され、重度の刺激を引き起こす可能性がある有毒な製品を分泌します。それはほとんどの場合森の中で起こり、泳ぐことはほとんどありませんが、その幼虫を水の中に直接沈めるために湿った場所を必要とします。 池は壊れやすい環境なので、住人の静けさを尊重していただきありがとうございます。

パリ盆地の中心部:18世紀に入り、現在私たちが現在地質学と呼んでいるものに興味を示しています。地層の記述に焦点を当てた科学である層序学は、パリ盆地でGeorges CuvierとAlexandre Brongniartの作品と共に生まれました。オーリンズ公爵(1715-1780)の植物学者であるJean-Etienne Guettardは、Auvergneの謎を絶滅した火山と解釈し、鉱物学的地図作成の先駆者とした最初の人物です。最初に知られている地質図はフランスとイギリスを横断する土地の性質と位置を示す鉱物学的地図です。 1758年に、彼はウールのHoulbecと La Ferté-sous-Jouarre の採石場でなされた彼の観察に基づいて王立科学アカデミーに石臼に関する回顧録を提示しました。彼は石臼の起源における雨水による変質の可能な役割を見ます。 1811年に、Georges CuvierとAlexandre Brongniartによる彼らの回顧録「パリの周辺の鉱物地理学に関するエッセイ」が10の「種類の地形」をリストアップして発表した。その色の範囲がさまざまな地形の露頭を示しているので、それは現代の地質図の原型です。 Brongniartは La Ferté-sous-Jouarre のキャリアを訪問し、注目に値する説明をします。パリ盆地はヨーロッパで最大の堆積盆地の一つです。結晶質の山塊に囲まれたこの広大な盆地では、海の侵略と大陸のエピソードが2億2000万年にわたって互いに成功してきました。マルヌ渓谷は、三次時代を描いた不変の重ね合わせの層と交差しています。 4,500万年前、この地域は海で占められています。穏やかな海の底には粗い石灰岩ができています。それから小石の堆積はそれに関連する閉じ込めの傾向と沿岸の風景を発表します。 4200万年前、短時間の出現の後、オーベルシア海は砂と砂岩を残しました。海洋ドメインが徐々に孤立すると、出現相と低い海洋再発の交代が起こります。一連のlaguno-lacustrine石灰岩とmarlが確立されました。始新世後期では、非常に短時間の海上侵略の直後に、蒸発性条件が石膏の形成を促進する汽水媒体の設置が行われる。 3400万年前の漸新世では、浅い盆地が新しいラグーン - 海洋エピソードと粘土堆積物の堆積を主催しています。それから再びブリー石灰岩の堆積物がある湖の体制を確立します。最後のそして重要な海の侵略、Sealianの海は、Fontainebleauの砂の堆積物でこの長いシリーズの堆積物を閉じるようになります。 2500万年の間、この地域は大陸になりました。侵食は、スタンピアン砂の除去とブリー高原とマルチエン高原の除去を引き起こす。現在の展望は浮上しています。

石臼:石臼は細かい粒、セル状、海綿状の珪質岩です。それは連続的なベンチを形成せず、砂のような粘土層の中に散在するブロックの中にのみ現れます。それは石灰岩の変質現象に関連した表面的な地層です。 その形成につながったプロセスは "製粉"と呼ばれています。 19世紀初頭から、石臼はフランスの新しい地質社会における議論の重要なトピックです。新興の地質学、Cuvier、Brongniart、Prévot、Dufrenoyおよびd'Orbignyの最も偉大な思想家は、堆積物について説明し、起源のメカニズムを探します。 1885年にGuettardによって開始され、Dolfusによって引き継がれた「風化の変化」による仮説に反対するすべての解決策は、「水の底」である。ブライ石灰岩は、ゆっくりと溶解し、それらは移動し、それらが帯電しているシリカを下方部分に堆積させるであろう」。この原則に基づき、Gosseletは1896年に「製粉」という用語を導入しました。 20世紀の間に、地形学者Cholleyは製粉を熱帯古気候条件(1938年)と関連付けます。石臼は古い侵食面を目立たせるでしょう。 20世紀の最後の四分の一は地質学者GrisoniとMenilletの基本的な役割によって特徴づけられるでしょう。後者は、1988年に、石臼をカルストの中の脱ケイ化およびケイ化生成物として解釈し、それらの樹立の年齢と条件を正確に決定します。

当時の錬金術:石臼の粘土はトレイの覆いの中だけに存在していて、堆積層に深く入り込むことはありません。それは、BrieまたはBeauceの石灰岩に関連して、Brie、BeauceまたはHurepoixの台地の表面に観察される。 3500万年前:ブリー石灰岩は、ラグーンや湖の堆積によって形成されています。 3000万年前:海の海がこの地域全体に侵入し、厚い珪質砂が堆積しています。 2700万年前:スタンピアン海は間違いなくパリ盆地を去り、数十メートルの砂が石灰岩を覆っています。大陸になった地域は、2000万年間侵食を受けます。砂は雨で浸出し、風で引き裂かれ、石灰岩が露頭になります。 200万年:石灰岩の表面はほぼ完全にむき出しになり、その上に風が粘土の塊を堆積させる高原が現れます。石灰岩は今度は浸食を受けやすく、その表面にくぼみが形成され、やがて粘土質の砂質の充填物が残る。雨水がこれらのキュベットにしみ込み、砂質粘土が浸出し、砂粒が溶解します。遊離シリカ(SiO 2)は水によって運ばれ、石灰岩の空隙にさらに沈降し、珪質岩の塊が形成され、それらは石臼です。

La Barreの採石場:古代から砂岩と珪質石灰岩が石臼を形成するためにブリーで使用されてきました。それは彼らの製造に向いている、肺胞と硬い石の様々なものに気づいたのは La Ferté-sous-Jouarre です。 16世紀の間に、「グラインダー」または「モリエール」と呼ばれる採石場は製粉所のワークショップで増殖します。 Marneの左岸にあるTarterelの丘は、La Ferté-sous-Jouarre の最も重要な工場の1つです。右岸にいる間、正義のキャリアとバーの木は、いくつかの品質の石をもたらしました。 平凡な興味を引くいわゆる「ろくでなし砂岩」層は、硬い石を青い静脈で覆い、研削砥石の製造をより助長しました。製粉所の活動が工業化されるのは19世紀の初めです。Barreの木材の経歴は成長するでしょう。いわゆる「イギリス製」ホイールの生産に転じるために、我々は「モノリス」と呼ばれる単一ブロックホイールの製造を放棄します。この技術革新はいくつかの部分を組み立てる方法を導入します:単一の中央部分の周りのタイル:箱。 1837年、Gaillard、Petit&Halbou、Vieille-Gatelierの会社がLa Barreの木材会社を設立しました。

郊外のパビリオンの石:1881年に、一般社会の石臼のバレの丘のふもとに設置。その広大なワークショップは採石場近く、鉄道とマルヌの間にあり、港と駅が併設されています。 1900年頃、ストーンホイールの貿易は減少しています。 La Barreの採石場は、建設用の石を抽出することで最終的に再変換されます。これはパリの郊外とそのパビリオン「石臼」の拡大の時です。しかし、別の用途はあまり目に見えません。これらは新しいパリの地下鉄の作品です!石臼の瓦礫は、巧妙な空母、一種のケーブルカーのおかげで採石場からマルヌの端まで運ばれます。そこから、バージが石を首都に運びます。

肥沃な石臼産業:1789年の革命の後、平等主義の法律は職人に社会を創設するよう促しました。採石場を利用するために多くの工場が集まります。 1853年には、La Ferté-sous-Jouarre で1381人の労働者を雇用している23の企業がありました。最も重要なのは、Gueuvin-Bouchonという会社だけで、500人から600人の従業員を数えることです。年間生産量は1000から1200の研削砥石と80から100 000のタイルに達します。一方、Roger社は300人以上の労働者の作業により年間600本の砥石車を製造しています。 La Ferté-sous-Jouarre のホイールは、定評があります。ヨーロッパ全土に輸出されていますが、アメリカ、オーストラリアにも輸出されています。1860年頃、大規模な工業工場が登場しました。非常に現代的な、彼らはもはや骨董品の石の砥石ではなく、磁器シリンダーで新しい研削システムを使用します。この競争に大打撃を受けた多くの小さな工場が近くにあります。ストーンミル事業は、ゆっくりではあるが容赦なく崩壊しています。 1880年に、La Ferté-sous-Jouarre にパニックの風が吹いて、それは産業主義者のための状況の賃貸料の終わりです。 1881年、危機から一般社会の礎石が生まれます。 9社が合併し、そのうち最も重要なものはRoger&filsとBarre材木会社です。 1910年、間もなく続いて「第一次世界大戦」が続いたロングストライキが、石臼業界のこの柱を弱体化させました。解放の後、困難な競争の中で、S.G.M.近代化、それは農業や製粉のための洗練された機器を製造しています。これらの努力にもかかわらず、彼女は第二次世界大戦から回復しませんでした。

「青い手」の土地で:石の作品の間に、彼にニックネームを与えた青い色を取った皮の下にフリントのチップまたはピゲット(採石場のつるはし)の金属片顔と青い手 "#:。 「タイル」のサイズによって生成された細かいほこりは石臼の肺を貫通します。 結核と珪肺症は高い死亡率を引き起こします。ワークショップが換気の良い傾斜の下に設置されていることを自分自身で保存しようとすることです。 S.G.M.は、伝統的な製粉所の生産を維持しながら、新しい製粉業界の要求に適応しようとしています。彼のワークショップからロールグラインダー、ふるい機、クリーナー...来ます民俗産業は石臼の推進を停止しません。 S.G.M.そしてGueuvin-Bouchon-Dupety-Orselは新しい鉱床を探しています。彼らはEurenのEpernonで採石場や支店を運営しています。

バレの木が発見されたとき:マルヌはブリーの堆積高原を切り開き、谷のふもとの小丘陵地帯に地質学的構成のセットを現しました。そのうちの1つ、石臼は、台地と斜面を覆っています。石臼は19世紀に離陸するために古代、職人の技から産業的に利用されてきました。特に石臼の製造のために意図されたその石の品質のおかげで、この開発は La Ferté-sous-Jouarre の豊かさを作りました。搾取は終わり、自然はその権利を再開しました。このような環境の中で、セーヌ=エ=マルヌ総会は、教育的な道筋を提供することによって、この肥沃な産業遺産の遺跡を解釈するようにあなたに勧めます。

このサイトの閲覧を継続することにより、適切なオファーを提供するためのCookieの使用に承諾したことになります。
詳細と設定