フランスのヴァカンスガイド

市内中心部の歴史的なルート

ハイキング & トレッキングのLa Ferté-sous-Jouarre

市内中心部の歴史的なルート - ハイキング & トレッキングのLa Ferté-sous-Jouarre
6.7
3

パンは、常に不可欠な食品であり、小麦粉に挽いた小麦粒でできています。昔から、穀物は互いにこすり石で砕かれています。中世では、風と水の原動力が工場を動かすのに使われます。それから地面から抽出された巨大な石の塊、「石臼」を挽くために。 La Ferté-sous-Jouarre で抽出されたフリントストーンの並外れた品質は、この都市に石臼業界で世界的な評価を与えるでしょう。革命後、土地の自由化はこの産業の成長を促進するでしょう。 19世紀の小麦粉製造業は頂点にあります。石は周囲の La Ferté-sous-Jouarre のすべての丘で抽出されています。Boisde la Barre、Tarterelなどです。市の中心部にあるワークショップでは、近くの商人が石を切り取り販売しています。この時代の肥沃な建物(共同住宅や私有ビル)はこの黄金時代を反映しています。技術の進歩はこの産業ブームに伴います。これらの「英語」の車輪(いくつかの石でできている、「タイル」)の製造は、石の単一のブロックでできている「モノリシック」な車輪の製造に徐々に取って代わります。 20世紀の初めに、新しい製粉技術である金属製シリンダーが製粉業界に革命をもたらし、ストーンホイールの衰退を発表しました。 La Ferté-sous-Jouarre の産業活動は少しずつ消えていきます。 2つの連続した戦争はこの叙事詩を完了するために終わります。今日、この豊かな過去のほんのわずかな目に見える痕跡があります:家はまだこの物語とここに隠された建築的証拠を伝えますそしてそこに啓発されたそして導かれた目の注意に値する。

詳細シート

セーヌ・エ・マルヌ県
出発地のコミューンLa Ferté-sous-Jouarre
散策の種類村を訪ねる
難易度簡単
所要時間1:30
お勧めの季節1月~12月
環境田舎
距離3 km

アクセス

出発:Place de l'Hotel de Ville。

旅程

1 / Place del'hôtelde ville:現在の市庁舎は、19世紀に偉大な石臼会社の上司によって行われた、野心的な自治体の政策の象徴です。それは比類のない黄金時代を反映しています。それは "王冠のイルカ"、Simon Gueuvinの庇護の下で1762年に市庁舎に改装された16世紀の宿屋の敷地内に建てられ、その後市長と挽きます。 1880年に、新しい建物の建設のために、建築コンペティションが始まりました。そして、材料(石臼基礎、Reuil-en-Brieからのレンガ)から窓のハンドルまですべての詳細を提供しました。 PaulHéneuxのプロジェクトは保持されています。彼は当時の最高の芸術家であるGlaize、Bouché、Mesléに囲まれています。その絵画は市役所のラウンジで見ることができます。新しい建物は、ライラックの正確な複製で、1885年に発足しました。今日、観光案内所での予約により、5月から10月までの毎月第一火曜日に訪問が行われます。

Rue des Pelletiersを走って、Charles de Gaulle橋の方向に進みます。

2 / Rue des Pelletiers: "pelletier"の名前は肌と毛皮の仕事に関連した職業から来ています。中世以来、ブリーでのシャンパンフェアや羊牧場の近さは、石臼業界の傍観者として、La Ferté-sous-Jouarre で織物工芸品の開発を促進してきました。これは、かつて非常に繁栄しています。 17世紀には、大小を問わず川沿いにある都市には、マスタータナーのコミュニティがあります。職人的な性格を保ちながら、なめし作業には長い時間がかかり、時には最長2年間続くことがあるため、なめし作業にはかなりの資本が必要です。 La Ferté-sous-Jouarre では、布商人は企業として組織され、市内中心部に商店があり、MeauxMelun、Provinsの多くの見本市や市場に参加しています。 La Ferté-sous-Jouarre の最も古い通りの名前はこれらの取引を証明します:通りのなめし所、乾燥室、コーデリア...

まっすぐ進み、Charles de Gaulle橋を渡ります。

3)シャルルドゴール橋:18世紀の終わりまで、シャルルドゴール橋はマルヌ地方の数少ない交差点の1つです。 1784年の突然の洪水の後、橋は破壊されました。 Regnard de l'IsleとBouchon(主要グラインダー)は新しい橋の建設者として承認され、通行料の創設を検討しています。このプロジェクトは、毎日石切り場に行くために橋を渡って、そこで彼らの給料の大部分を失ったであろう工場労働者の間で人気の反乱を引き起こします。 19世紀半ばには、ナビゲーションの必要性からマルヌの値段を上げる必要がありました。特に重い商品の輸出は、惑星規模で、実行される物流手段の重要性を説明しています。これは都市を変えている主要な仕事の始まりです:石臼への港の建設、地面の標高、マルヌの旧腕の堤防(現在のBoulevard de Turenneの場所にあります)。 1865年に、大通りde Turenneは形をとり、「鉄の橋」は通行可能です。

Charles de Gaulle橋を過ぎたら、Quai des Anglaisを右折して(Marne沿いにある)ワークショップに向かいます。

4 / Quai des Anglais:右折し、Quai des Anglais社のGueuvin-Bouchon-Dupety-Orsel社の古いワークショップへ。 18世紀になると、石臼の交易は巨匠の職人(独立した職人)から逃れ、Gueuvin、Bouchon、Dupety、Regnard、Himbertなどの主要な商人の王朝の支配下に入ります。大きな王朝は巨大な富を築きます(石臼は家の価格を要します)。それらは、18世紀に最初の大規模企業であったGueuvin-Bouchon-Dupety-Orsel社のように、最初の肥沃な社会の起源にあります。それは現在のメディアライブラリから "Leader Price"まで、そしてrue deCondéからCaquot IslandとFranklin Roosevelt Avenueまでの三角形で広がっています。 19世紀になると、これらの企業はより控えめな起業家たちの仲間入りをしました。 1835年、La Ferté-sous-Jouarre には23の異なる会社があります。最大規模の従業員は600人近くの労働者を雇用し、毎年何千もの石器を世界中の至る所に輸出している。左岸地域は、抽出後の砥石車の製造工程の大部分を集中させる。 1849年に、鉄道の到着は石臼産業の地理的な位置に混乱を引き起こします。新会社はレールの近くに建設されているため、送料が大幅に削減されます。今日、私たちは、ケ・デ・アングレ、19世紀の古いワークショップの遺跡を見ることができます。現在のスーパーマーケットの敷地内には、大広間の大ホールとストラッピングワークショップがあります。非常に現代的なアルミニウムのファサードの後ろには、古い石臼作品の19世紀の壁がまだあります。近代的な建物の継続性にはまだいくつかの構造的要素があります。番号50 rue deCondéに位置するサイト管理人の家はとてもきれいに整備されている。私有財産は住居に改造され、1階の床から成り、正面に5つの窓があり、上3階には美しいサイズがあり、まぐさの形をしたリボンで飾られています。サークル。

57 quai des Anglaisを回って、小さな石の階段を降りてMarneを進んでください。

5 / Port aux Meules:19世紀まで、石臼は一度切り取られて貯蔵されていたが、それは土手の浜辺から積まれている。ボートは浜に来ます、そして空のスペースは積荷を待っているか操縦牽引された乗組員を待っている商品を格納するために後ろに配置されます。世界でもユニークなポート・オミュールの本格的な誕生は、1860 - 70年にさかのぼります。生産の増加ははしけをますます印象的にします。埠頭のレイアウトは、たとえ川が洪水にあっても、フルエッジの重い石を積むことを可能にします。ホイールの重量は1〜5トンです。港は、8つのレベルに積み重ねられた500個の大きなモノリシックな石臼で構成され、Gueuvin-BouchonとCompagnieのワークショップの下の高さ約4mの壁を形成しています。特に地下通路が開いている場所では、この構造は無関心な訪問者を残しません。そのため、直径の大部分に一列の石臼が見えます。

マルヌの端にあるスロープで英語の埠頭を登る。 通りを市営劇場に向かって渡り、Port aux Meules通りに入ってください。

6 / LePâtisdeCondé:16世紀には、La Ferté-sous-Jouarre の主であるCondéのPrince ofCondéのLouis de Bourbonは、住民に2つの牧草地の部屋を使用する権利を与えました。コンデッツ諸島:これは "PâtisdeCondé"です。肥料は彼らの牛をそこに連れて行きます。現時点では、砥石車の仕上げとタイルの組み立ては、採石場の近くでまだ行われています。完成した工場はマルヌとプチモランの港に降りて客に見せられ、船に積み込まれました。旅行で苦しんだ人たちは牧草地、特にコンティ通りに放棄されました。革命の終焉と特権の廃止から、パティ・ド・コンデは国民的なものとなりました。タイルの組み立て、砥石の仕上げ、棚付けはその後、フォーブール地区へと移ります。 PâtisdeCondéの終わり、また現在のCondéのロータリー周辺およびFranklin Roosevelt大通り周辺の、細長い建物一式、ワークショップ。高い負担。

PâtisdeCondéには市立劇場があります。

7 /市立劇場:劇場は1892年に建てられ、1896年に発足しました。それは "エルドラド"と呼ばれています。パリ盆地のこの時代の多くの建物のように、それは石臼で作られています。その大規模で印象的なアーキテクチャは、スポンサーの特定の虚栄心を反映しています。それは現時点での都市の富を反映しています。

振り向いてバンドスタンドに行きます。

8 / The bandstand:劇場の前、音楽キオスク。 1900年に亡くなった寛大な寄付者Alfred Cocu、元肉屋 La Ferté-sous-Jouarre のおかげで1903年に発足しました。彼はこの最近修復された典型的な音楽キオスクの建設のために1万フランを市内に寄付しました。パレ・ド・コンデのBelle Epoqueについて

Faubourgに向かってPort Port Me Meulesを進んでください。

9 / Port aux Meules通り:19世紀になると、ボスとグラインダーは自分の工房の近くにあるrue du Port aux Meulesに移住しました。通りを連ねる豊かな家は、王朝の「収容」と呼ばれてきたものを象徴しています。 22歳のとき: "コンティネンタル広場の征服"の結果であり、19世紀後半に建てられたこのイギリス風ルネッサンス様式の家は、建造者のHenri Dupetyの子孫が住んでいたドレニエールでした。 n°15:この美しい19世紀の大邸宅は、それ以前にはNo 15 rue deCondéに住んでいたBouchon家のものです。石臼遺産のこの重要な要素は、1829年の地図には含まれていませんでした、それはそれから彼らの古い家の前に大きな庭でした。 13番地:Dupety家のもので、現在は姿を消している風の形をした風向計で La Ferté-sous-Jouarre で知られています。

向きを変えて、コンティ通り(rue duPâtisdeCondé)でバンドスタンドを迂回して、rue deCondéを進みます。

10 / Rue deCondé:17世紀から18世紀にかけて、ほとんどの主要な商人が、本格的な「シャンゼリゼ」工場であるde rue de Condeに残っています。 その後、幸運を築くために、19世紀に、古い邸宅は、パティ・ド・コンデとその周辺、コンデッツ、ボンズ、ハトの泉、ハイビューにある大邸宅や城のために放棄されます。 35番地:この学校の敷地内に、ラニーの城がありました。この建物の端には2つの塔があり、そこには農場、鳩小屋、そして広大な公園がありました。それは1940年に破壊されました。n°29 - n°31:ファミリーGueuvinの古い邸宅。 31番は修正されましたが、29番は初期状態に非常に近いままです。これらの家の向かいには、砥石車の輸送の基準となった18世紀の王道ターミナルがあります。 n°18:前の所有者、アンリ・フランソワ・デュペティは、ケ・デ・ザングレにあるワークショップの1つの創設者です。着席犬の追加を除いて、建物の状態は19世紀初頭のそれに非常に近いです。 n°15で:前の所有者はLouis Jean Bouchonです。彼はまた、ワークショップ「quai des Anglais」も開催しています。この美しい大邸宅は、おそらく1734年に La Ferté-sous-Jouarre(ラ・フェルテ・オ・コルの市長、長老、食料雑貨店)の重要な家族のために建てられました。それは1770年にBouchonによって買われました。 n°9:La Ferté-sous-Jouarre の元市長およびSeine-et-Marneの総評議員であったSimon Gueuvinの所で、この家は最も重要で古くからあるグラインダーの王朝のひとつの発祥の地です。それは国家の石臼遺産の重要な要素です。 n°3 - n°7の場所:Himbert家のFlégnyの古い所有物。第3番はおそらく城ボンドンの建設前の家族の元家だったが、第7番はもっと控えめに言っても確かに彼らの従業員の一人の住居だった。

左折してrue du Faubourgに入ります。

11 / Rue du Faubourg:市内中心部のrue du Faubourgまで進んでください。 Faubourg地区は、商人の古い地区、グラインダーの家、商人の店員(手助け、アシスタント)です。研修会では、製造の各段階は特別な技術を含みます:トレーナーは研削砥石の表面を磨き、製造業者はチェック砥石の部品を選び、組み立て業者はそれらを調整してシールし、砥石まわりの輪は熱くなりますグラインダーが反対側の面を埋め、そして最後にリーマーが光線を掘ります。 1850年頃、製粉業界では、大手ボスから単純なキャリアまで、3000人の従業員が働いています。その適度な家屋と堂々とした特性を持つ肥沃な生息地は、これらの社会的格差を反映しています。 39番で:前の所有者、ルイピエールジョセフベルトランは、研削店です。 1876年に、彼はフィラデルフィア国際展示会で彼の車輪のためのメダルを獲得しました。石臼の作品の著者は、彼の作品は1867年から1875年の間に公開されます。21番(港湾補助金の通りの角):アントワーヌピジョンの元資産、食料品店員。道路の延長とトラブールの破壊(ある通りから別の通りへ行くことを可能にする中庭を通る)に続いて、港湾補助金物の通りのファサードはやり直されます。ただし、裏表紙はよく保存されたままです。 10番で:前の所有者、オーギュスト・ブレイズは売店です。この家は、元の状態に非常に近く、民俗の石臼遺産の重要な要素です。 ほとんどの店員は市の中心部に住んでいます。ただし、リモンなどの周辺地域に位置するものもあります。一方、「青い手」(フリントチップで手が青く塗られた製粉所の労働者に与えられた名前)は、採石場近くの集落(ボンドン、ムレット、セントマーチン、ファビエール、またはベカール)に住んでいます。 19世紀後半から、ピエールマルクス通りと駅周辺はブルジョア家の近所になりました。

Puetiers通りの出発点に戻ります。

このサイトの閲覧を継続することにより、適切なオファーを提供するためのCookieの使用に承諾したことになります。
詳細と設定